AGC旭硝子 違法派遣で起訴(韓国)‼ 勝利まで闘おう!

2月15日、ついに韓国テグ検察庁は、亀尾(クミ)市にあるAGC旭硝子韓国法人「ファインテックコリア」と、AGC旭硝子本社から派遣されていた原野たけし社長(当時)などを、「違法派遣」の容疑で起訴しました。不当解雇から4年、社屋前の座り込みを続け、あきらめず闘ってきた闘いが、韓国非正規労働者の現実を変える道を開いています。日本の本社の動向が決定的に重要です。たたかいを広げ強めましょう!

2月22日(金)、AGC旭硝子本社が入る東京駅前の新丸ビル横で支援共闘会議の仲間と街頭宣伝しました。帰宅で駅に向かう多くの労働者が注目し、ビラを受け取ってくれました。

  中央は、動労千葉の関副委員長。 ↓