月別アーカイブ: 2015年10月

10・2交流会 報告

10月2日、東京新橋で、東京中部ユニオン、東中部労組交流センターの主催で、集会を開催しました。

今年7月11日、中部地域に、全国協の方針でたたかう東京中部ユニオンを結成しました。動労総連合・東京の結成のためにも、東京駅、秋葉原などの駅で働くJRの下請け・非正規労働者や地域の仲間のたたかいの軸になりたいという強い思いで結成しました。 今回の集会は、そのスタートを切る集会でもありました。

集会の最初に、9月の国会闘争のビデオを上映、国会前に集まった息をのむほどの人々の数、あふれるような解放感と熱気が胸によみがえりました。

次に、直前の動労千葉の定期大会で新書記長に就任したばかりの川崎昌浩さんが、この間のたたかいと今後の課題について気迫をこめて話されました。

1047名闘争の最高裁決定について、解雇撤回のたたかいを新たに開始するという動労千葉の鮮明な方針と決意を明らかにした上で、下記のように話されました。

あと数年のうちに国鉄採用の社員が大量に退職するという問題は、民営化の破綻点だが、JRはこれを逆手にとって、外注化を一気に進めようとしており、外注化とのたたかいが決定的に重要である。外注化とのたたかいでは、組合員が外注・下請会社のCTS(千葉鉄道サービス)に強制出向されて初めて外注化会社の労働者の労働現場の現実を知り、正規も非正規も同じ職場の中で働く仲間である実感をつかむことができたこと、CTSの仲間が動労千葉に加入してくれたことは非常に重要な意義を持っている。正規・非正規が一体でたたかう外注化との闘いは、他の労働運動ではできない闘いであることを話されました。

さらに、鉄道会社は、戦時に協力が義務づけられている「指定機関」であるため、貨物に兵器を積み込む訓練が既に開始されているという衝撃的な報告もあり、労働組合こそが戦争をとめることのできる存在であることを強調されました。

次に、東京のJR職場で働く国労の吉野さんが発言に立ち、「東京にも動労総連合が絶対に必要だ」と力強く発言され、JRの下請け職場の厳しい仕事内容や労働条件の劣悪さを指摘、同時に高い誇りを持って仕事をしている状況を報告されました。

主催者からのアピールは、中部ユニオン委員長から、安倍への激しい怒りを込めて提起されました。

地域でたたかう青年労働者は、「11月集会には、1万人と言わず、国会前に集まった人たちは全部参加してもらいましょう!」と呼びかけ、最後に郵政労働者のまとめ、司会の団結ガンバロウで締めくくりました。

参加した失業中の労働者は、この集会のあと、中部ユニオンに加入、11月集会にも参加すると明るく語ってくれました。たたかいを始動したばかりの中部ユニオンは、もっと仲間を増やため、奮闘します!

◎はじめに
忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
今日、この労働者交流会を持つ意味を、私たちは次のように考えています。
現在、多くの労働者が、特に派遣や契約社員、パートなど非正規労働者が、生きていくことすら精一杯の状況に置かれています。
この状況の中で、7~9月、国会前は、安倍政権が強行する戦争法案に対して、何度も十数万の人々で埋め尽くされ、労働者民衆はかつてない規模で激しい怒りをたたきつけました。
しかし安倍政権は、9月19日未明、労働者民衆の渦巻く怒りの中で、安保関法案を強行成立させたのです。
このような状況は何を意味しているのか?私たちの展望は何だろうか?どうしたらこの現状を変えていけるのか?そのことをいっしょに考え共有したい、そのような思いで今日の労働者交流会を開催することにしました。
職場、職種、国境、失業中、退職者などの違いを超えて労働者階級としてひとつになれれば、私たちにはこの社会を変える力があると確信しています。 続きを読む 10・2交流会 報告